⑤生活

【生活】格安SIMで経費削減し、お小遣いを増やす(IIJ mio)

更新日:

サラリーマンの方でお小遣い制の方も多いと思います。
一般的には、月3万円程と言われておりますが、お子さんが沢山おられる方は月1万円の方もおられるかと思います。
(ちなみに私は、独身時代月20万円でしたが、現在は月3万円ですw( ˘•ω•˘ ))

さらに、会社の同僚などに話を聞くと、お小遣いの中で昼食やたばこ、お酒代もやりくりしないといけないという方も・・・
本当に現代は、税金は上がる一方ですし残業時間は削減されますし、年収は上がっても手取りは減る一方で生活するだけでもきついですよね|д゚)

主の収入が減るのであれば、「副収入を作る」&「支出を減らす」で工夫していき、より豊かな生活ができるよう考えていく必要があります。

固定費の支出を減らすために一番効果的なのは?

間違いなく通信費だと思います。「三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)」から「格安SIM」への切り替えにより、大幅に月額費用を削減することができます。私の例で言うと、ドコモ月額8000円~10000円(端末代の分割有無の幅)から格安SIM「IIJ mio」月額2430円(通話料含むと約3000円)まで削減することができました。この月額には端末代が含まれていないのですが、半年もあれば36000円は削減できるのでその費用で端末購入も可能です!('◇')ゞ
私は、2年以上格安SIMを使用しているので既に15万以上節約できていますが、一人分でこの効果なので、家族で丸ごと乗り換えると効果は何倍にもなります。絶対お得なのでまだの方は、是非ご検討ください^^

安かろう悪かろうじゃないの?

費用が安い分、使い勝手が悪いんじゃないの?と思われる方がおられるかと思います。当然デメリットがあります。

① 今まで利用していたキャリアメールが利用できなくなる。
⇒確かに困りそうな気がしますが、最近は、LINEなどのSNSで連絡を取るのが主流なのでキャリアメールは必要ありませんねwグーグル等の無償メールで十分です^^

② 利用頻度が増える時間帯(通勤時間帯、お昼休み、帰宅時間帯)の通信速度が遅くなる。
⇒こちらは、若干ストレスがたまるかと思います。しかし、それ以上に安いので許せますwちなみに通常の時間帯の通信速度は速いです。格安SIMメーカーは、三大キャリアから通信回線を借りてサービス提供しています。安価な価格で提供するために、通信回線はギリギリ足りる速度で借用しています。そのため、ユーザー数が増えるとその分通信速度が遅くなりますが、定期的に通信回線の増強を行っています。しかし、体力がない格安SIMメーカーは、十分な速度増強ができない可能性があります。なので大手の方が安心かと思います。ちなみにユーザー数が少ない格安SIMメーカーは、通信速度が速いですが、ユーザー数が増えれば遅くなります。

オススメの格安SIMメーカーは?

現時点では、1位.NTTコミュニケーション、2位.IIJmio、3位.楽天モバイル、4位.mineoです。
体力・サービスという面から、上位4社からから選択するのがオススメです。

以下から、IIJmioに申し込みを行うと、紹介特権が頂けます。良ければ、ご利用ください^^

https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/invite/?id=283371816127864&sns=0

オススメの端末は?

私のオススメは、Androidでは「HUAWEI」です。中国メーカーですが、安価で高スペックなのでコスパが良いと思います。一番良い所は、指紋認証が高速です。端末ロックやアプリロックを指紋認証で登録すれば、高速・快適に利用することができます。使いやすいです!!
下記は、SIMフリーモデルなので、上位4社の格安SIM(ドコモ版、au版)どちらも使用できます。あと、HUAWEIのSIMの種類は、「nano-sim」となるのでお間違えのないように^^

WAS-LX2J-BK HUAWEI SIMフリースマートフォンHUAWEI P10 lite ミッドナイトブラック [WASLX2JBKP10LITE]【返品種別B】【送料無料】

価格:28,080円
(2017/10/7 20:12時点)
感想(5件)

 

オススメの乗り換えの流れは?

ざっと以下の通りです。
① SIMフリー端末を「Amazon」や「楽天」などで購入する。端末を受け取る。
② 格安SIMメーカーに、格安SIMを申し込む。SIMカードが郵送されるので受け取る。
③ 三大キャリアにTELし、MNP予約番号の手続き(他社に電話番号を移行するための手続き)
※docomoの場合、ファミリー割引が2年契約のため、高額な解約料を請求されることがあります(私も2万近く請求されました)
④ SIMフリー端末にSIMカードを差し込む。MNP(1時間程)と端末設定が完了すると使用することができます。設定方法は格安SIMメーカーのHPに記載されています。
https://www.iijmio.jp/service/manual/hdd/

※ちなみに既存端末を流用可能なケースもありますので格安SIMメーカーのHPより、対象端末をご確認ください。

これで晴れて、お小遣いを月額6000円増やすことができます( ◠‿◠ ) 笑

では☆彡




-⑤生活

Copyright© 投資素人が元手300万円からセミリタイヤを目指してみた!! 続 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.