⑤生活

【生活】《祝》マンションを購入しました(^_-)-☆

投稿日:



さて、人生3大出費はご存知でしょうか。

『教育資金』『住宅取得資金』『老後資金』ですね。

教育資金に関しては、子供がいる場合に幼稚園~大学まで育て上げるのに必要な費用ですので子供がいなければそれほど掛かりません。

しかし、住宅取得資金』と『老後資金』は誰もが必ず必要となります。

『住宅取得資金』については、購入するのか賃貸で行くのか、購入するのであれば一軒家かマンションか、どこに購入するのかと考える要素が非常に多く悩ましいですよね。

私も非常に悩みました(´・ω・`)

が、長い人生を考え、賃貸の場合は永久に費用垂れ流しとなり勿体ない(私は賃貸歴15年なので1500万円くらい使っている)、購入を決意しました。

 

一軒家 VS マンション

結婚されている方は、まず、夫婦で意見が分かるところですよね。

私はマンション派、妻は一軒家派。やはり分かれました。

どちらを選択するのかは、今後どのような生活が想定されるのかで決定されることが多いと思います。

一軒家の特徴メリット》価格が安い・管理費不要・部屋が広い・駐車場を確保できる・家のカスタマイズが可能 

《デメリット》耐久年数が低い・売却しづらい・駅から遠い・近所付き合いが濃厚・地震に弱い・セキュリティが低い

マンションの特徴《メリット》売却が容易・耐久年数が高く価格が落ちにくい・駅近物件が多い・地震やセキュリティに強い・高層階望める

《デメリット》価格が高い・管理費が必要・部屋が狭い・駐車場代が別途掛かる

 

と様々なメリット・デメリットがありますが、特徴は真逆となっています。

要約すると、『マンション=引越しが容易、『一軒家=永住』という方程式が成り立つのではないでしょうか(*ノωノ)

転勤する可能性がある方は、マンションの方が良いでしょうし、今後はグローバル社会なので環境が変わる可能性は上昇すると思います。(ネット環境の整備により在宅勤務も増える方向性ですが)各家族も増えていますし、やはり今後は融通の利くマンションがおすすめですね。

いらなくなったら、売れる or 貸せる という選択肢も出てきますしね。

<参考>

購入の方が安くなることが多いかと思いますが、ほぼ同等と考えても問題なさそうです。

高齢になっても家賃を払い続けるのはキツイですけどね!

 

 

新築マンション VS 中古マンション

こちらも悩みますよね~。

自分が住みたい地域にたまたま良い新築マンションが建築されれば、ラッキーです。

が、なかなかタイミングは合いません(-ω-)/私も結局中古マンション(築6年)にしました。

あと、最近は建築の人件費と地価が上がっているので、新築マンションはメチャクチャ高いです!!

しかも高い割に資材の質が低い場合が多い。私感では5~6年前のマンションが良い資材を使っていることが多いです。

私の中古マンションもかなり重厚でいい感じでした(*ノωノ)

なので新築にこだわらなくても良いと思います。

 

意外と難しい住宅ローン選定

住宅ローンを始めて組んだのですが、種類があり過ぎて難しいし結構悩みました!!

まず、融資のタイプが複数あります。

全期間固定金利型

借入申込時又は契約時に全返済期間の適用金利が決まるタイプ。全返済期間の適用金利が一定のものと、返済途中で金利が変わる(例:当初10年間と11年目以降)2段階の金利のものがある。

⇒ 収入が少なく、貯金があまりない方向け。もしくは、将来計画をきっちりと立てたい方向け。

変動金利型

市場金利の変動に伴い、返済途中でも定期的に金利が変動するタイプ。原則として半年に1度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わる。また、5年毎に返済額の見直しが行われる場合がある。

⇒ 収入が多く、貯金が豊富な方向け。現在は低金利なのでお得だが将来高金利になる可能性があるギャンブル型。高金利になった際に一気に返済できる資金力があれば問題無し。

固定金利期間選択型

「当初5年間は金利○○%」といったように、返済期間中の一定期間は金利が固定されるタイプ。固定金利期間終了後は、終了時点の変動金利型又は、再選択した固定金利型(期間選択型を含む。)となる。

⇒ 例えば、10年固定とし、10年間は住宅控除(年間1%)をもらった後、10年後に一気に支払う。という方法を取る方もいるかと思います。

 

私は、今回変動金利型を選択しました。

理由は、現状金利がかなり安く、今後金利が上がるかもしれませんが、大きく変動するものではないので、10年~15年かけて徐々に上がっていく感じかと想定しているので結果的にお得と判断しました。

万が一、大幅に上昇すれば、一気に返済できるよう貯金し、リスクに備えておきます。

 

あと、返済方法も、元利均等返済元金均等返済も選択できます。

いやぁ、、本当に沢山選択肢があってややこしいですよね。

 

■元利均等返済とは
毎月お支払いいただく返済額が一定となる返済方法です。

■元金均等返済とは
毎月お支払いいただく返済額のうち、元金の額が一定となる返済方法です。

 

 

つまり、元金均等返済の方が、最初は支払金額が多くなりますが、徐々に支払金額が減り、総額としても少なく済むわけです。

もちろん、私は元金均等返済を選択。

不動産屋の言いなりですと、デフォルトで元利均等返済が選択されることが多いようですww

 

住宅ローンに選んだ商品は?

ずばり、住信SBIネット銀行を選択しました。株の口座もSBIを使用しているので信頼感とお得感で選定。

変動金利は、『0.457%』!! しかも、8大疾病保険込み!!

これは、激安ですねw メガバンクですと、0.5%台なので、やはりネット銀行は強い。

手続きは多少大変ですが、頑張る価値ありです。

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT

 

まとめ

とうわけで、購入はリスクがあるように見えますが、マンションを選択することで、売却や賃貸に出すことができるのでかなりリスク低減することができると思います。

購入する年代も若ければ若いほどお得になるのかなと思います。

賃貸の方は是非検討してみては?!

 

では☆彡

 

 




-⑤生活

Copyright© 投資素人が元手300万円からセミリタイヤを目指してみた!! 続 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.