おすすめ銘柄 投資

二重契約問題のシノケングループ (8909) の今後は?

投稿日:



最近不動産業界の不祥事が相次いで発覚していますね。それにしても、情報分野が発達し過ぎたからかマスコミの報道能力がどんどん向上してきています。少しでもコンプライアンス違反をすれば、ここぞとばかりにマスコミ様が登場されますw 本当に一つのミスも許されない大変な時代になったものだと感じます。この傾向は今後もますます厳しくなっていくのでしょうね。

 

最近発覚した不祥事はどうなっている?

さて、記憶に新しいのは、2018年8月頃に発覚した、「スルガ銀行の不正融資問題」と、「TATERUの預金通帳改ざん問題」です。発覚から約2ヵ月が経過した現在はどのようになっているのでしょうか。

 

 

やはり、共に下落しています。スルガ銀行はそれほどですが、TATERUの方が大幅下落していますね。最近の株価全体の下落の影響もあるとは思いますが。ただ、こちらを見ると、発覚当初に大幅下落はするもののその後は安定しているようです。

 

シノケングループの株価下落状況は?

 

二重契約問題の概要

①子会社であるシノケンハーモニーが土地代と建築費の合計1億2千万の物件の売買を顧客と結ぶ。
②銀行に融資を依頼すると100%の融資は出ないため最大でも1億800万程の融資額になる。
③その後、シノケンハーモニーは顧客に2千万値引きして1億円で販売する新たな合意書を作る二重契約
④結果として顧客は融資により800万を得た上で、1億円の物件のフルローンが組める。
⑤銀行は1億円の価値しかない物件に1億800万も貸し出すことになる。

 

 

 

問題が発覚した10月18日はストップ安となりました。が、ストップ安の影響で、翌日は買い戻され上昇

即買い戻しが発動するのは、魅力銘柄の下落により、ここが買い時と判断した投資家が多いのも一つの要因でしょうか。いずれにしても10月22日の値動きに注目です。

というのも、以下の通り、シノケングループは成長中銘柄で魅力的なのも確かです。

 

 

しかも、配当利回りも現時点で約3%になっていますし、連続増配銘柄でもあります。ということで私も普段から狙っている銘柄の一つです。

ということで、チャンスがあれば、是非購入したいと思います!!!

 

では☆彡




-おすすめ銘柄, 投資
-,

Copyright© 投資素人が元手300万円からセミリタイヤを目指してみた!! 続 , 2018 All Rights Reserved.