おすすめ銘柄 仮想通貨 投資

次世代アルトコイン「IOST」でワンチャン狙える?!

更新日:



仮想通貨の価格上昇が止まらない。暗号資産で最大の時価総額をほこるビットコインは2021年1月8日、初めて4万1000ドルを突破した。ビットコインも今後上がり続ける可能性が高いが、次世代仮想通貨「IOST」の将来にも期待が持てそうだ。

IOSTとは?

  • Internet Of Services Token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の略
  • 2018年1月にIOST財団によって開発され、2020年9月 に取り扱いが開始された
  • アメリカ、中国、シンガポール、ヨーロッパ、韓国、日本にオフィスを構える。日本にもオフィスを構えているため、日本も重要な市場と捉えていると伺える。
  • ブロックチェーンを活用したサービスを構築するためのプラットフォーム
  • dApps(分散型アプリケーション)
  • IOSTは第3世代のパブリックブロックチェーンである(第1世代:ビットコイン、第2世代:イーサリアム)※IOSTは、第1世代・第2世代の課題を解決している
  • IOSTで様々なサービスで活用されていることを目指している

株価

チャート

  • これまで0.6円付近をウロウロしていたが、1/9に入り急上昇(前日比:約70%増)した。
  • これから動きが出てくるのか注目。

2021/1/10更新 高騰に関連する材料

  • 1/11の週に大型発表が予定されている点
  • HyperPayが6日にIOTSの流動性マイニングを開始したこと
  • Dream Monsterという2DゲームがIOST上でローンチされたこと(5日の材料)

など

時価総額

  • 仮想通貨の内、時価総額は現在102位
  • 時価総額が低いという点から、まだまだ上昇のポテンシャルを残している
  • これまでの最高値は約14円、単純に最高値更新した場合には約14倍となる。100万円投資⇒1400万円。夢がある!!

IOSTの特徴

  • 処理速度が速い(8000件/秒) ⇒ビットコイン・イーサリアムの課題を解決
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム ⇒分散型なのに早い処理
  • サービス開発しやすい設計になっている ⇒JavaScriptで開発されているので皆に使ってもらえる
  • ブロックチェーン普及に貢献するコイン ⇒DeFi(分散型金融)分野へ、ゲーム分野へ

IOSTはどこで買える?

  • Coincheck
  • BINANCE

私の保持数

  • 75,742 IOST
  • 投資額55,000円 ⇒ 評価額83,000円(2021/1/9 22時現在)

CoinCheck説明動画

投資は、自己責任・自己判断でお願いします👍

では☆彡




-おすすめ銘柄, 仮想通貨, 投資
-,

Copyright© 投資素人が元手300万円からセミリタイヤを目指してみた!! 続 , 2021 All Rights Reserved.